『プール』を描いているときに思ったこと
夏の間、取り掛かっていた仕事がひと段落し、また涼しい季節がやってきました。
涼しくなり、今年の始めの寒いときに引きこもって描いていた絵本『プール』のことを思い出しました。
まだ読まれていない方にいつか読んでいただくときのために、詳しい絵本の内容は書きませんが、(と言っても隠すほどの内容はなく、とてもシンプルなお話。ある夏の暑い日、男の子や動物たちがプールの中で賑やかに遊び、最後にちょっと何かあるだけです)暑い日、麦わら帽子を被った男の子が一本道をお散歩している。この坊や、名前がないので描いている最中に呼びかけにくく、勝手に「なつくん」と名付けました。文章は絵本作家の高部晴市さんです。描き始めた頃、高部さんに「なつくんと呼んでいます」とメールでお伝えすると、高部さんも「なつくんいいですね」と言ってくれました。高部さんも名付けそうな名前のような気もします。
描きながら、なつくんの気分になったり、一緒にプールで遊ぶ動物たちの気分になったりしながら描いていました。
でも一番「そうだなあ」と心に馴染んだのはプールの気分になっているときでした。
描いているうちに、自分がプールのように思えてきました。
プールの中に男の子や動物たちが入ってきて楽しく遊ぶことが、私の中にいろいろな人がやってきて出会うことと重なりました。
ちょうど妹が出産間際だったことも、とても影響しているように思います。
今まで知らなかった誰か(姪)が、どこからやってきたのか私のところにやってくる。妹のおなかの中のことばかり考えていました。
絵本の絵を描いているときはいつも(って、まだたいして描いていないけど)目の前の絵の世界に浸り、気持ちが内向きになってしまう。
プールという囲いが私の脳で、その中にある水が自分の意識のようにも思えてきました。
プールという境界を越えて頭の中にいろいろと入ってくるお話。

そんなこと読んでいる人にはまったく関係ないのですが…
2歳の甥も、おもしろいのかおもしろくないのかよくわからない真剣な表情で見ていました。

それからもう一つ思ったのが、もしかしたら動物たちなんか始めからいなくて、これは全部男の子の空想のお話なのかもしれないということでした。(ありふれた設定です。)男の子が少し大きめの水たまりを見つけてそこで一人で水遊びをしていただけかもしれない。帰り道も一人だし。全部男の子の想像のお話なのかも。男の子は帰ってから、おうちの人に今あった出来事を話すのかどうか。
自分で文章を書いたわけではないので、これはどういうつもりなのかなと描きながらいろいろと思いを巡らせてしまいます。

それからもう一つ浮かんだのは、子どもの頃実家にあった百科事典に載っていた小さな解説の絵です。
実家を探したら、まだ百科事典ありました。久しぶりに開いて懐かしかった。
【宇宙】という項目、「古代インドの宇宙観」、母が指差しながら説明してくれたのを妹と覗き込んで見ていました。「大昔のインドの人が考えていた宇宙っていうのはね…大きなヘビの上に大きなカメが乗っていて、大きなカメの上にゾウが何頭も乗っていて、ゾウがこの地面を支えていて、それで一番上に太陽が浮かんでいる…」動物がいろいろと出てきてみんなで作っている囲まれた世界が、なんとなく『プール』のお話に繋がりました。
出版社の方に原画を納品するとき高部さんにも来ていただきこれらの話をしたところ、高部さんは「そんなことまったく思っていなかった」と笑って聞いてくださいましたが、ホントのところはわかりません。
高部さんは滋賀県のガリ版伝承館というところで11月11日からガリ版の絵の展覧会をされるそうです。(土日のみ開館)11月23日にはガリ版の子どもワークショップもされるそうで、行けたら行ってみたいなと思っているのですが、どうかな。

2017/10/18 09:22 | Comments(0) | 絵本
『プール』
絵本『プール』ができました。
鈴木出版の月刊絵本「こどものくに」たんぽぽ版(2〜3歳児向け)2017年8月号、
http://www.suzuki-syuppan.co.jp/p02/p02_06.php

お話は絵本作家の高部晴市さんです。

8月号なので、幼稚園や保育園の子達がもう読んでくれていると思います。
ほんの少しの時間でも、動物たちと一緒にばっちゃんぼっちゃんざっぷーーーんと、
みずあそびを楽しんでもらえたらうれしいです。
一般の書店では取り扱っておりません。来年の夏、原画展を予定しています。

高部さんのお話らしく、明るくおおらかな動物がたくさん出てきます。
登場人物は・・・・・・・
「ぼく」



「うさぎさん」



「きつねさん」



「ねこさん」



「くまさん」



「かえるさん」




これを描いていたのは冬の寒〜い時期。
編集者の方に「麦わら帽子とか被って楽しく夏の男の子気分で!!」とのお言葉をいただいたので、できるだけ夏気分、男の子気分、動物気分を盛り上げて描きました。
高部さんは絵本をたくさん出されていて、いつもは当然なんですが絵を描かれているのですが、文章だけというのは今回が初めてになります。ご一緒できてありがたい限りです。

楽しんでもらえますように!

2017/07/29 18:10 | Comments(0) | 絵本
まあいいか
絵本の文章を書いてくれたTさんに、絵本の出来について直接聞いていなかったので喫茶店に来ていただいて聞いてみました。「まあいいんじゃない」ということだったので、まあいいかということにしました。
Tさんに会うと、いつも今考え中の絵本の構想をたくさん話してくれるので、聞いているとTさんの絵で絵が浮かぶ。
月に2回、千葉県柏市にある画材屋さんで絵本の教室をされているそうで、どういうことをやっているかという話を聞きました。この前は東君平の詩を題材に絵を付けてもらったそうです。その課題、出す方も出される方もおもしろそう。
小学2年のときに買ってもらった東君平の本をずっと持っています。(よく見るとお父さんの鼻の上部に鉛筆で鼻を描いています。鼻が口に見えておもしろいねと、妹と笑ったんだと思う(^_^)
色校のときに原画を見たらいいなあと思ったので、せっかくなのでどこかで原画展をしたいとTさんに話すと、場所など探してきてくれるならやればとおっしゃってくれた。
喫茶店を出てTさんと別れたあと、心当たりのあるところを回ってみました。回っただけで終わるかもしれません。

2017/05/19 15:57 | Comments(0) | 絵本
速達
先週、夏にできあがる絵本の最後の色校確認に行ってきました。
細かい注文を、いくつもお願いしていました。
夏らしい明るい雰囲気に仕上げていただいていてホッとしました。
でもまだこれから印刷などの工程があると思うので、遠くの空に向かってどうぞお願いしますという念を送っています。
編集者さんに「できないことはできないと言うので、折角なので悔いのないように」とおっしゃっていただいて、その言葉を真に受けてけっこう粘ってしまいました。

この絵本の文章をTさんから送っていただいた封筒を見ると、消えかけた消印で2011年1月17日。私がもたもたしていて6年もかかってしまった。
2010年の暮れ、1冊目の『プンとフォークン』が進みかけていた頃、そのときの担当編集者KさんとTさんと私の3人で忘年会をした際に、Tさんが「いま考えている話があるから絵を描いてみない」と言ってくれて、調子良く「是非是非描かせてください」と答えたら、すぐに封筒が送られてきました。
これを形にしなければ終われないと思ってラフを持って回りました。
Tさんにももっとこうしなければいけないとちょっと怒られたようなときがありました。
私は時間がかかるのでもっとテキパキとやりたいです。

2017/05/15 15:20 | Comments(0) | 絵本
図書館
近くの図書館で、図書ボランティアさんや学校図書館関係者さんを対象に「えほんができるまで」というお話をさせていただきました。
久しぶりに、ごちゃごちゃに積み重ねられたままになっている以前作ったラフを引っ張り出して絵本塾に通っていた頃の重い暗い夜道を思い出したり、なぜ絵本に惹かれるのかなということを思い直したりしました。
お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

2017/03/24 11:30 | Comments(0) | 絵本
あとさき塾
あとさき塾の特別講座で、片山健さんの講演を聞きに行きました。
絵本のお話はもちろんですが、絵本に関係がない横道にずっとずーっと逸れていってどこまで行くんだろう、もう戻って来ないんじゃないかなぁーというお話がおもしろくて(戻っていらっしゃいました)、ご本人がそのまま絵本みたいだなぁ…、でもけっこう過激なことも仰っていまして、ずっと聞いていたいような講演でした。

2017/01/22 18:29 | Comments(0) | 絵本
搬入
昨日、明日から始まるグループ展の搬入をしてきました。
11人の方たちのバラエティー豊かな展示となりました。

読み聞かせイベントのある最終日がオススメです。
他の方たちの読み聞かせがショーのようで見応えがあると思います。
私は観客になると思われます。

よろしくお願いいたします。

『穂高順也と愉快な仲間たち展』
7月11日(月)〜16日(土)
11時〜19時(無休、最終日は17時まで)
COFFEE&GALLERY ゑいじう
読み聞かせイベント:最終日7/16(土)13時〜

2016/07/10 17:01 | Comments(0) | 絵本

<<前のページ | HOME | 次のページ>>