うーたんとねずみくん
昨年末、亥年の年賀状用に描いていた絵ですが、もう半年も経ってしまいましたが、描きながら漠然と浮かんでいたことを文にしました。



『うーたんとねずみくん』
1
ある日、川に浮かべたふねの上で、瓜坊のうーたんは、友達のねずみが来るのを待っていました。昨日もぐらから「流れ星さんが川を下っていったところに落ちて、そこで暮らしている」と聞いたので、友達のねずみくんと一緒に、流れ星さんとはどういうものか見に行って、何か話でも聞いてみようということになったのです。ふねにはひもが付いていて、ひもの端を丘の上に並んだ銀杏の木にくくり付けてとめてありました。
「ねずみくんはまだかな」
流れ星さんがどんなものが好きか、何を食べるかはわからないけど、もし食べるなら一緒に食べようと思い、うーたんは青いりんごをひとつ持ってきました。
2
ふねの下をおさかなの群れが通りました。
「きれいだな」
うーたんが川をのぞき込むと、おさかなたちの話し声が聞こえました。
「このふね、なんだか少しだけやわらかそうだね」
「つついてみようか」
いたずら好きなおさかなが、うーたんのふねをちょんちょんちょん。
3
あらららら。銀杏の木にくくり付けてあったひもが取れて、ふねがゆっくりと流れ出してしまいました。
「わあ、ふねが動いちゃった。どうしよう。ねずみくんがまだ来ないのに」
うーたんを乗せたふねは川を流れていきました。
4
しばらくゆらゆら下って行くと、川の上をまたぐ水色の橋が見えてきました。
橋の右側のたもとでも、左側のたもとでも、ねずみたちが遊んでいるのが見えました。その中には一緒に乗る友達のねずみくんはいないようです。うーたんが知らないねずみの子たちでした。
よく見ると、その子たちはズボンのポケットから何か粉のようなものを取り出し、橋のたもとへと撒いています。ぱらりんぱらりん。
粉に日の光が当たって、きらきらして見えました。
ふねが橋へ差し掛かると、その子たちは揃ってうーたんに手を振ってくれました。すぐにうーたんも手を振り返しました。ねずみの子の手には粉が付いていたので、手がきらきらしています。うーたんは手を振りながら、橋のたもとに何を撒いているんだろうと思いました。花の種かな。それとも何か、ねずみの秘密のおまじないのようなことをしているのかもしれない。そう考えているうちに、橋の下をくぐり抜けたふねは川を流れていきました。
「ねずみくんなら知っているかもしれない」
そう思ったとき、友達のねずみくんが向こうの木の下を、丘の上のふなのりばに向かって走っていくのが見えました。
5
「おーい、ねずみくん」
うーたんは慌てて呼びました。
「このふね動いちゃったよ」
でもねずみくんは走るのに夢中でうーたんの声には気が付きません。
「おーい、ねずみくーん」
うーたんがもう一度大きな声で呼んで手を振ると、ねずみくんはあれっ?と振り返り、こちらを見ました。
「このふね、動いちゃったよー、どうしよう」
ねずみくんは、えっと驚いて立ち止まりましたが、少し考えるとすぐにうんうんうんとうなずいて、よく通る声で言いました。
「うん、ぼく、すぐにねずみ専用ちゅうちゅうボートで追いかけるよ!うーたんは先に流れ星さんのおうちへ行って待っててね」
うーたんのふねは流れて行きます。ねずみくんはぴょんぴょん飛び上がってふねを見送ると、また元気よく駆けて行きました。
6
うーたんはゆらゆら揺れながらりんごを手にして言いました。
「ああ、よかった。ねずみくんはあとから来てくれる。でもぼく、流れ星さんのおうちを知らない、おうちまでどうやって行こう」
それを聞いていたおさかなたちが、川の中から言いました。
「うーたん、さっきはつっついちゃってごめんね。ぼくたち、流れ星さんのおうちを知っているよ」
「一緒に行こう」
のぞくと、おさかなは、男の子がたくさんと妹が一匹泳いでいます。
「私もおうちを知っているわ」
妹のおさかなが、ねずみくんがしたようにぴょんと飛び跳ねると、お兄さんの何匹かが笑いました。
それからしばらくすると、流れ星さんのおうちが見えてきました。

(おしまい)

2019/06/09 18:25 | Comments(0) | イラスト
ぶらぶら
先月のおしまいに、月刊絵本の原画をお渡ししてきました。
10月号の月刊絵本で童謡を絵本にしたものです。
私より98年前に生まれた先生が詞を書かれていました。
帰りに、近くの小石川植物園をぶらぶらしました。



今年もまた、ツクイさんの来年のカレンダーを作らせていただくことになりました。
来年は子年となり、そして10月の「体育の日」が7月24日の「スポーツの日」になります。スポーツ。カレンダーに載せるカタカナの言葉は「バレンタインデー」「ホワイトデー」「ハロウィン」「クリスマス」、そこへ「スポーツ」が加わりました。

2019/06/05 09:01 | Comments(0) | 絵本
トコハッピー
トコハッピーちゃんのイラスト、少しずつ追加していて、少し溜まってきました。
(始めはどちらかと言うと「トコハッピーくん」の気分でいましたが、先生が「トコハッピーちゃん」と呼ばれているのを聞いて、だんだん私もちゃんの気分になってきました。)
火おこし体験や川遊び、カヌー体験などを追加しました。
このブログでも何度か書いていますが、もともとは小学校の創立40周年記念に合わせて小学生の男の子が生みだしたキャラクターがいて、私はそのキャラクターを元に動きをつけさせていただきました。
https://www.tokoha.ac.jp/fuzoku/20180620_8437


2019/05/09 10:26 | Comments(0) | イラスト
病院ラジオ
昨日の朝テレビでやっていた、サンドウィッチマンの「病院ラジオ」という番組がとてもよかったです。途中から見たので全部見たかったなと思って検索をしたら、5月5日(日)の午後4時10分から再放送があったので録画予約をしました。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92572/2572135/

2019/04/30 08:15 | Comments(0) | 未選択
読書の時間
昨日、打ち合わせで神保町へ行きました。
うちを出る時にサッと手にしたカフカの短編集、一度かばんに入れて思い直し、やはり今日はこちらにしようと選び直した稲垣足穂。久しぶりに『チョコレット』を読みました。1時間ほど電車に揺られて、やはりいいなあ。何度読んでも新鮮な気持ちでいいなあと思わされるのはなぜだろう、としみじみとページを戻ったり巻末の年譜を見たりしていると、アッ、ここは乗り換える渋谷駅かもしれないっと、慌てて電車からホームに降りました。でも、ホームが工事をしていて見慣れない景色でよくわからない。もしかしたらまだ渋谷ではないかもしれない、だとしたら降りずにこの電車に乗っていたい、どうしよう。と、きょろきょろと手がかりを探すと、目の前にヘルメットを被ってお仕事をされている工事の関係の方が。「すみません、ここは何駅ですか?」「渋谷駅です」ああよかった正解だった。ホッとしてお礼を言って地下鉄に乗り換えました。
なんのこっちゃっという日記でした。

2019/04/27 11:51 | Comments(0) | 未選択
喫茶店
昨年の夏に、Tさんからいただいた絵本の文章に、ようやく鉛筆書きの簡単な絵を付けてラフの形にすることができ、昨日御茶ノ水の喫茶店で見てもらいました。一昨年の月刊絵本『プール』の続きのような、そうでもないようなお話です。Tさんは私が描いたラフの紙をめくりながら「ふふっ。おもしろい。こんなことオレ書いてた?」と、ご自分が書かれた動物たちのセリフを笑ってくれたので、とりあえずはよかったとほっとしました。いくつかの手直しをしてこのラフが落ち着いたら、次にはアレをやりたい、そしてそれが落ち着いたら次はアレをやりたい…という今後のことを私が話すと、「そんな風に順番にやっていたら時間がかかるんだから、並行してやった方がいい」ということをおっしゃられて、その通りだと思いました。Tさんはこの夏にも、秋にも、絵本を出されるようでした。でもTさん独特のガリ版刷りの絵を描く作業はとても時間や手間がかかるそうで、どうしてこんなにたいへんな作風にしちゃったんだだろうと思うと言っていたので、そんなにたいへんそうには見えていなかったけど聞いてみないとわからないなと思いました。
絵本にまつわるあれやこれやを1時間ほど話して喫茶店を出ると、外はまだ雨。Tさんと別れたあと、初孫の坊ちゃんはお元気かどうかということを聞き忘れたことを思い出しました。私と同じ誕生日の坊ちゃん。それだから何ということはないのですが、同じだな。それから、これまただから何ということはないのですが、私の母方の祖父もまた同じ誕生日です。


2019/04/11 12:03 | Comments(0) | 絵本
東京都美術館
上野にある東京都美術館で『奇想の系譜展』を観ました。
行きたいなと思っていたけど行けてよかった。


また、同じ東京都美術館にて『人人展』。
井上洋介先生の絵に囲まれながら、ギャラリートークを聞きました。

大きな絵の迫力に圧倒されました。桜の下を傘を広げて歩く人たちの絵を観たあと、外へ出ると、上野公園でも桜が咲き始めていました。

2019/03/26 13:31 | Comments(0) | 未選択

| HOME | 次のページ>>