『アバター』
『アバター』を観ました。楽しかったです!宮崎駿みたいな森の世界。あんな星は本当にあるのかな。予告だと青い顔の生き物が奇妙に映ったけど、映画の中だと自然に思えてかっこよかった。女の人がみんな引き締まった体で腹筋がすごくて野性的でかっこいい。あんな体になりたいなー 主人公が始めにアバターになったところは、フォレストガンプみたいで泣けました。髪の毛が人間にない機能を持っていて、やや気持ち悪くておもしろい。森の精霊の声を聞くとか先祖の声を聞くとか、よくわからないけど人間も縄文時代辺りにはできたのかな。感覚研ぎ澄ましたいな。
3Dメガネは楽しかったけど、後半ちょっと疲れました。終わってからトイレで見たら、鼻の上にメガネの跡がくっきり。昔、パーマンか怪物くんか忘れちゃったけど、飛び出す映画を観たような気がする。赤と青の紙のメガネをかけたような・・・?

2010/02/05 01:27 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<布バッジ | HOME | 『みみた と みみきち』>>