長谷川潔展
sakanapoochi.jpg横浜美術館で『長谷川潔展』を観ました。魚とか貝殻とかかたつむりとか植物を描いた版画が、見応えがあっておもしろかった。絵の中に奇妙な顔をした不思議な雰囲気の狐が何度か登場していて、想像のものを描いたのかなと思っていたら、実在するかわい〜いフィンランド製のぬいぐるみがもとになっていたので驚きました。内面が興味深い。

写真は友達が作ってくれた魚のポーチです。うれしいな。おなかから、おいしそうなケーキとiPodを吐き出したところ。おなかの中は防水加工になっている珍しい魚です。

2011/06/23 18:19 | Comments(4) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

ポーチ、めっちゃ可愛い。
こんなお魚さんなら、なんでも食べられちゃいたい。
posted by nyako at 2011/06/24 01:13 [ コメントを修正する ]
かわいいよね。しかも手作りっていうのがうれしいよ。

不思議なご縁の友達だよ。
前にイタリアに行ったときに終電がなくなって、ホテルに行けなくなったんだよ。そのときにホームで出会った日本人の子。話しかけたら同じホテルを目指していたよ。それからホームで困ってたオランダ人も同じホテルということがわかり、みんなでバスを乗り継いで、ホテルまで辿り着いたんだよ。私はついて行っただけだけど…あのときは本当に助かったよ。しかも、同じ大学だったんだよ。
posted by 西野沙織 at 2011/06/24 08:45 [ コメントを修正する ]
すごいご縁だね。
なんか運命的。そして出会いっていいねぇ。
posted by nyako at 2011/06/25 19:25 [ コメントを修正する ]
nyakoとも、ちょっと違ったら接点なかったよね。
不思議でありがたい繋がりだよ。
posted by 西野沙織 at 2011/06/26 12:40 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<おなかの中 | HOME | トークイベント>>