大玉飴
rikugien.jpg昨日は、お世話になった方が退職されるというお話を聞いてとても驚きました。落ち着いたマダムの雰囲気の喫茶店で「えー!!」っと大声を出してしまった。次の場所でのご活躍をお祈りいたします。

今日は絵本のラフを見てもらいに行きました。形になるといいなぁ。その帰り、初めて六義園に入ってみました。平日の昼間でお客さんはちらほら。見上げると、濃い赤や黄に染まった鮮やかなもみじでいっぱい。わー、ザ・紅葉(こうよう)!今紅葉の中にいる!と思いました。落ちる葉っぱが、下に落ちている葉っぱに当たる音がしていました。木だらけ、葉っぱだらけ。微かな音が集まって、けっこう大きい音になっていました。
売店があったので覗いてみました。たくさんの飴に混ざって『大玉』という袋が目につく。大玉・・・そういえば小5のとき、私のクラスは1年間で担任の先生が3人変わったのですが(全員いい先生だった)、3人目の佐々木玲子先生が「これがおいしいの。この大玉っていうのをいつも探すの」と、教室でみんなに配ってくれたことがありました。教室で食べる飴、すごくおいしかったな、先生が持ってたのもこんな袋だったな・・・と懐かしくなり、ラベルを見ると、製造元は静岡市!まさかこれそのもの?おまえはあのときの飴かい?250円で買いました。もったいなくてまだ食べていません。賞味期限は来年の10月10日。私は味より思い出や雰囲気重視で食べ物を選ぶ傾向があります。

2011/12/16 18:30 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<悪い本 | HOME | きくちちきさん個展>>