ちひろ美術館
イラストレーターの高部晴市さんと一緒に『谷川俊太郎と絵本の仲間たち』を観に、ちひろ美術館へ行きました。妹も私も小さい頃から大好きな『マザー・グースのうた』の原画がありました。堀内誠一さんてやっぱりすごいな。『マザー・グースのうた』はもうくたびれた状態で今は妹のところにあるのですが、本自体が夢の中のような、魔法の世界のような現実離れしたイメージだったので、原画なんて存在しないような気になっていました。原画や作った人などは存在しないで、始めから本そのものがあったようなイメージでした。すごい本だな。マザー・グースは残忍な話もあるのがおもしろい。
美術館の庭には雪が残っていました。
chihirobijutukan.jpg

2012/01/25 00:14 | Comments(2) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

行くだろうなあと思ってたよ!
ハバードおばさん、三匹のこねこ、おとこのこってなんでできてる。。。
魔法みたいな不思議な絵と、ちょっとこわいリズムのいい詞。
そこがまたそそるよね。
posted by 妹 at 2012/01/30 23:24 [ コメントを修正する ]
よくぞお見通しで。
ハバードおばさんや、これはジャックの建てた家とか忘れられないね!
影のある絵がぴったりだったよね。
一緒に観たかったよ。
posted by 西野沙織 at 2012/02/01 00:23 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<うつむき看板 | HOME | 頭巾>>